これ、どこまで着ていけますか?

b0172203_20124422.jpg
 もうすぐGWというのに、単衣のお話がはばかられるような気温が続いていますが・・・
 皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 店長はというと・・・
 お天気のせいか、GW前のためか、何かを見失ったようにボーと過ごしております。
 いえ、すべきことはとってもたくさんあるのです。わかっております。
 でも。、その見失っているものが何かも具体的にならずにボーっ。
 いえいえ、近頃見当たらないものといえば、わかっているものもあります。
 たとえば店内に2個も用意したはずの電卓が一つないとか、昨年仕入れたはずの○○をどこに片づけたのかとか、頂いたはずの名刺は?とか、人の名前とか、自分の歳とか^^?(←やや重症^^?) こういう日は店主日記をお休みすべきと思いますが・・・それでもしつこく記事を書く寂しがり屋でごめんなさい。

 と、のっけからすみません!!

 写真は、その単衣のご提案。
 着物はツルツルの小千谷の紬に染めた江戸小紋。
 墨色の極麻の葉文様です。
 
 雨の多い単衣の季節には、縮む心配のないこんな紬地が安心で、しかも墨色、しかも細やかな江戸小紋の染めは、紬であってもそこそこのお席まではお出かけ頂ける優れものです。

 帯は、お茶会やちょっとしたパーティにもお出かけできる織楽浅野謹製の袋帯。

 えっ?紬にそんな帯あわせても大丈夫?
 とっても良く尋ねられるご質問、「これ、どこまで着ていけますか?」
 つまり、どの程度のお席まで着られるのか?という意味かと思いますが・・・

 昨今は「格」についてお客様それぞれの判断基準をお持ちのケースが多く、それぞれにお持ちのマイルールなるものが多様化しているように思います。
 その背景には、それぞれの「お席」がそもそも多様化してきており、例えば結婚式ひとつをとっても様々なスタイルがあり、そのため「こうでなくちゃ!」といえる基準があいまいになってきています。

 ですので、紬に染めた江戸小紋でも、紋を入れて使われる方もあり、このお着物に金糸銀糸入りの帯を締めて結婚式にお出になられる方もいらっしゃるわけで、つまり、どのような方々のどんな集まりで、どこで、どんな風なスタイルで行われるのか・・・それらを個々にイメージされて装いをデザインされることが必要かもしれません。

 え~!?そんな難しいことできません!という方は・・・それでも大丈夫!
 本当は最後は、気持ちの問題!といえるのかもしれませんゆえ^^v
 でももし、猛烈に悩んでしまわれた時には、どうぞお気軽にご相談くださいね。

 おっと大切なことを申し添えねば!
 実は、いつでもどこでも何より大切なのは・・・
 (勿論それぞれの場をわきまえてのことですが)、お一人お一人の「個性」の光る装いです^^
 たとえば写真のコーディネートには、あなたなら?何色の帯揚げをいたしましょうか^^?

 ということで、皆さま。
 気温が定まらずに、なんとなく足踏みの続く春ですが・・・それでも少しずつ気温はあがり、少しずつ季節は進み、少しずつみんな前に進んでいくのです。

 どちら様も、どうぞあせらずに、ゆっくりと、お過ごしくださいますよう^^v
 

 ※4/29(月・祝)は、午前11時~午後6時まで通常営業いたします。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

お店の営業時間:午前11時~午後7時 
定休日:水曜日・日曜祝日

5/1(水)~5/6(月祝)は連休を頂戴いたします。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2013-04-22 20:19 | コーディネート

きもの・江戸小紋「染一会」店主日記です。 ※こちらでご紹介の商品は店内で取り扱っておりますが掲載日時の古いものは在庫切れとなっている場合もあります。お問い合わせください。


by someichie-tencho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31