<< ワンピースみたいに、ドレスみた... 単衣も視野に >>

色にや恋ひむ~秋風を感じる真夏のコーデ

7/18(金)~8/2(土)Summer Sale!  
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html



 連休初日、東京では夕方から雨となりました。明日も怪しいようで、雷雨に注意!
 皆さまのところではいかがでしょうか?
 でも、連休明けには梅雨明けラッシュになるとお天気の森田さんが言っておられますので、本日は真夏の気持ちの良い綿麻着物でコーディネートをしてみました!(画像クリックで拡大します)
b0172203_1826719.gif
 柔らかいグレー色は暑さを沈めてくれる色、そしてこの「秋草」の型染めがとっても素敵だと思いませんか?しかも綿50%麻50%で気持ちの良い肌触りで、長襦袢なしで浴衣風にお召し頂いも、着物としてお召し頂いてもOK!着物初心者さんには夏着物のスターターとしてオススメですし、上級者さんには夏の普段着として、お家でお洗濯できるので、とても重宝です。→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/menasa_akikusa.html

 本日あわせた帯は、浴衣にも着物にもオススメの紗八寸博多帯です。透け感も美しい青紫色、お太鼓の両端は色が淡くぼかされているので、とっても涼感たっぷりです。蛍が舞うような、お星様が瞬くような織柄もとても魅力的ですね。→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/hakata_n_hotaru.html

 あれ?そういえばこの青紫色、今お店の和室で美しく咲いている「りんどう」の花の色!?
 「りんどう」は秋の野の花ですが、着物の「秋草」の中に咲いてない・・・
 なので、ちょこっとのせてみました(^^; なんか・・イイ感じ!
b0172203_18265080.gif
 ところで、またお話脱線しちゃうわけですが・・・「りんどう」のことを「思い草」と言ったのは北条政子でした。のちの旦那様、源頼朝との出会いは、頼朝が伊豆に流されていた頃のこと。ある日、政子が手にしていた花を「その花はなんというのか?」と尋ねた頼朝に

 「秋の野の 尾花にまじり 咲く花の 色にや恋ひむ あふよしをなみ」(古今和歌集 詠み人しらず)

 と歌を詠み、「思い草と申します」そう言って手渡したのが恋の始まり!というお話が残されています。(大河ドラマでそのシーンがあったかどうか・・・記憶にありませんが(^^;)

 和歌の意味は、秋の野で尾花に混じって咲く花のように、思いを表に表して恋慕わなくては!そうしないと会う手だてがないのだから・・・つまり今で言う「告る」ってことになりましょうか・・・さすが積極的な政子さんです(^^;)

 というわけで、秋草の中でもひときわ美しい色彩が際立つりんどうは、枕草子「野の草は」の章段では、「こと花どものみな霜枯れたるに、いとはなやかなる色あひにてさし出でたる、いとをかし」とも詠まれています。

 色を沈めた秋草の着物に華やかなりんどう色。
 まさに「色にや恋ひむ」^^ですね。

 暑い季節に秋を感じる、素敵なコーディネートになりました。

 
 明日の日曜日、そして月曜日は定休日でございます。
 月曜日あたりから梅雨明けのお知らせが聞かれるかもしれませんが、不安定なお天気です。
 どちら様もどうか体調管理にお気をつけて、楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 セールはまだまだ続きます(^O^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

7/18(金)~8/2(土)
Summer Sale!
夏の着物や帯、小物たち 5%~25%off

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-07-19 18:01 | コーディネート
<< ワンピースみたいに、ドレスみた... 単衣も視野に >>