初秋の準備~粋を感じて

 暑い暑い、もう何度言っても変わらないのに思わず口に出してしまう暑さでございます。
 残暑・・・厳しすぎますね(^^; 皆さま大丈夫でございましょうか?

 でも9月の声も聞こえる昨今です。
 暑さの残る初秋には、どんなコーディネートをしようかな?そんなことを考える頃ですね(^_^;)

 ということで本日は、涼やかさを演出するには、なんといっても縞柄。
 縦にスーと伸びる縞柄はなんとも気持ちの良いものでございます。
 何しろ着物は全身を包みますので、なおさらです。

 着物は「七五三」縞の江戸小紋。
 七本、五本、三本の縞が交互に伸びる清々しい江戸小紋です。(画像はどちらもクリックで拡大します)
b0172203_17381696.jpg
 縦縞の柄は、とかく「粋」な文様として江戸時代から愛されてきました。
 
 しかし・・・「粋」って何?な~んて難しいご質問にニワカにお答えすることは難しいのですが・・・

 色やデザインで言えば、横縞よりも縦縞、色彩豊かな色より単色、しかも渋みのある色を言われることが多いのですが、何より見た目以上に、「粋」には、そこはかとなく感じる空気感のようなものが大事なように思います。つまり色柄の内に秘めたる内面の部分とでも言いましょうか、それをあわせて、粋の美意識と言うのかと思いますが・・・。

 例えば、思いつくままで恐縮ですが・・・、甘えすぎない、欲張りすぎない、近づきすぎず遠からず、さらには、執着しすぎず、しなやかで気風のイイ潔さがあり、目立たないのに気持ち良い色気を感じる・・・そんな感じでしょうか(^_^;)

 江戸小紋の縦縞は、反物の端から端まで12~3mにわたり、決して交わることのない、余計なものを加えることなく、どこまでも潔い細やかなライン、遠目にはわからずとも近づくことで始めてわかる繊細な細やかさ、そんなところが「粋」という美意識の内実にも通ずるように思います。

 なんて(ーー;) 小難しいことを弄り回すのはその辺に致しましてっ(^_^;)

 ちょっぴり渋みのあるブルーラベンダーの江戸小紋、単衣を意識してコーディネートしてみました。
 もちろん、着物は単衣にも袷にもお仕立て可能ですが、近頃では10月中旬まで単衣をお召しの方が多くなりましたので、単衣仕立てにしても素敵です。
b0172203_17372454.jpg
 あわせた帯は、こちらは9月末までのご着用となりますが、夏~単衣の染め名古屋帯ペイズリーです。初秋、吹く風にちょっぴり寂しさを感じる季節には、そんな気分に寄り添える気持ちの良いコーディネートかと思いますが、いかがでしょうか?

 そうそう、私が勝手に思いますには、粋の内実には、そこはかとない孤独感のようなものを感じるのですが、もう少しして暑さがやわらぎ、心地よい風を感じる秋の夕暮れ時などがちょうどそんな感じでしょうかね^^?

 それにしても暑いです!早くそんな季節が待ち遠しいばかりでございますが、どちら様もどうか体調管理に気をつけて、残り少なくなりました8月、思い残すことなく楽しんでお過ごし下さいますように。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-21 18:40 | コーディネート

きもの・江戸小紋「染一会」店主日記です。 ※こちらでご紹介の商品は店内で取り扱っておりますが掲載日時の古いものは在庫切れとなっている場合もあります。お問い合わせください。


by someichie-tencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31