夏と単衣のオリジナル帯揚げ、できました!

 本日は、単衣&夏の季節にオリジナル染の帯揚げが揃いました!のお知らせです。
 なので、早速ご紹介いたします。
 じゃん!
b0172203_16375577.jpg

 画像はいつものようにクリックして頂くと大きくなります。
 色はできる限り実際の色に見えるようにフォトショップで加工していますが、皆さまのタブレットやPCでは、もしかして少し違うように映るかもしれませんが、ごめんなさい。

 単衣や夏の帯揚げは、涼やかな感触の、細かい縦絽の生地に染めています。
 シャリシャリとして張りもあり、ボリューム感もありますので、差し色にして頂くにはぴったりの素材です。

 こちらは、毎年人気のお色3色。
b0172203_16472792.jpg

 左から、ピーコックブルー、ライムグリーン、フーシャピンクです。
 和名であらわすと、納戸色、若菜色、それからフーシャピンクはフクシアという花の色ですが、この花が日本に渡来したのは昭和になってから、なので、伝統的な和名にはありませんね(^^;
 
 日本の伝統的な色は、植物染料の染色からきたものが多いのですが、古来から木の家に住んで土で作った食器を使って暮らしてきた日本では、草木をはじめ自然が織りなす景色が色の名前になりました。どの色もとても優しくて落ち着く色ですが、ちょこっとスモーキーな感じがするのは、湿気も多く、雨も多い日本の風土が、自然が描く色調に影響を与えてるのかな?なんて思いますが・・。

 一方、洋色は、大変に彩度が高くてビビッドな色が多く、ドキッとします。
 実は、オリジナル染の帯揚げにも、洋色の彩度を取り入れて染めています。
 
 と申しますのは、現代では、街なみも、レストランも、どこもかしこも、そのデザインは古来の街とはまるで違います。なので、あまりに伝統色にこだわってしまうと、どことなくタイムスリップしたような違和感を与えてしまいがちです。そこで、当店のオリジナル染帯揚げは、日本の伝統色をリスペクトしつつも、皆さまがお出かけになる場所で、美しく映える色をご提案しています。

 帯揚げは少しの部分しか見えませんが、コーディネートを完成させる大切なアイテムです。
 しかも、お顔に近い場所に入れる差し色です。

 いつものコーディネートを少し見直してみたいな、と思った時に、まずは帯揚げを変えてみませんか?
 ※単衣の帯揚げは、単衣後半になって夏の帯を結ぶころになったら、こちらの帯揚げがおすすめです。単衣前半の頃はまだ、袷の時期の帯揚げでOKです。


 ところで、なんとまっ現在の表参道は急な激しい雨に見舞われております。
 皆さまのところでは、いかがでしょうか?
 雨に打たれたりなさっていませんか?
 この時期の雨は、百穀春雨といって、百穀を潤し芽を出させる春雨、田畑を潤して種まきの準備をしてくれる雨なのだそうですが・・・お手柔らかに願いたいかな(^_^;)

 わがせこが ころも春雨ふるごとに 野べのみどりぞ 色まさりける (紀貫之)

 週末はお天気に恵まれた清々しい日になりそうですね。
 街じゅうに、いっせいに、眩しい緑の色が増えるころです。
 そろそろ、冬のコートは片付けて、明るい季節のご準備を!


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪
 
~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html
定休日:日曜日、月曜日 営業時間11:00~19:00

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2015-04-17 17:39 | コーディネート

きもの・江戸小紋「染一会」店主日記です。 ※こちらでご紹介の商品は店内で取り扱っておりますが掲載日時の古いものは在庫切れとなっている場合もあります。お問い合わせください。


by someichie-tencho