秋風になびく芦の穂

夏休みが明けてまだ数日というのに、なぜだかドップリ疲れてしまい(>_<)本日はお着物を着る気力もなく・・・それはきっと猛暑のせい!決してお休みボケではないと思いたいのですが、やはり夏休み中にどうやら体が鈍ってしまったのかもしれません。皆さまは、いかがでしょうか?明日には少し暑さも緩むようで、猛暑からの解放~!お願いしたいですね(^^;


もうすぐ9月。
来月の天気予報を見ると、9月に入ると気持ち涼やかに、気温30度を下回る予測日もポツポツ見えてくるようです。ただ28度を下回る日は多くはないようで、やはり今年は残暑厳しいのでしょうか?

本日は、そんな9月にオススメの夏単衣の帯をコーディネートしてみました。
何しろウェブショップは今月いっぱいで閉鎖して新サイトの準備に入ります。なので、現サイトはただ今(8月いっぱい)細々とセール中!なので、こちらの帯もセール中です。


江戸小紋「竹節」×すくい織八寸帯「志野芦文」

b0172203_16372852.jpg

芦(あし・よし)は9月~10月にかけて水辺に咲き乱れ、秋風に穂を揺らす植物です。きっとどなたも目にされたことがあると思いますが、秋の夕暮れ時などに夕陽を浴びてなびく芦の穂の群れは情緒たっぷりです。

とても繊細な織の帯で、模様が織り出されている部分などを見ると、「すくい織」の見事な技術に溜息がでます。レモン色の穂先がとても可愛らしくて、秋口にも心地の良い帯です。どうしてお嫁に行っていないのか?不思議なぐらいです(^^;

b0172203_16370805.jpg


ウェブサイトではこちらでご紹介
セール価格はお問合せください



そして、あわせたお着物(江戸小紋)は、アップにしないと見えにくいほどの細やかな、極型の竹節です。京都で江戸小紋を染める「京の名工」大野信幸氏の作品。

この亜麻色のお色具合、はんなりとした優しいお色です。シュンシュンと胸がすくような清々しい竹節文様で、爽やかな印象を与えてくれる江戸小紋、プチフォーマルからカジュアルシーンまでコーディネート色々とお楽しみ頂けます。

竹も芦と同じで、風にゆれて、滅多に折れてしまうことがありません。その逞しさとしなやかさは私たちも見習いたい!そう思わせてくれる身近な植物です。粋な清々しさと、しなやかな優しさを併せ持つ文様です。

秋の単衣にも、もちろん袷仕立てにしても、季節を問わずお召し頂けます。


b0172203_18033355.jpg


さて週末ですね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?8月最後の週末は思い残した夏を満喫(^^♪なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。または、誰かさんのように夏の疲れが肩腰にドッシリなんて方も??

肌寒い夏から猛暑の夏へ、ジェットコースターに乗っかっているようなお天気では何かと体調変化を起こしやすいようです。どうかご無理をなさいませんぬように、ゆっくりとお過ごし下さいませ。

お時間がありましたら、明日は元気にお店番をしております!お目にかかれますのを楽しみにお待ち申し上げております。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

お知らせ♪


お店情報
↓↓↓

定休日、営業時間、お店の場所など
こちらでご確認ください
定休日/日曜日、月曜日 
営業時間/11:00~19:00(火・水は18:00閉店)


※メールはここクリック!


もしよろしかったら
フォローしてください(^_-)-☆
177.pngインスタグラム
178.pngツイッター
173.pngフェイスブック


someichie_omotesando Instagram


by someichie-tencho | 2017-08-25 18:21 | コーディネート