<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

幸せの四文字熟語

 突然で恐縮ですが・・・質問です(^^;)

 皆さま、“何も考えず、今すぐに思い浮かぶ「四文字熟語」を二つ上げてください!” 

 これ簡単なのに、意外にも当たっちゃう、深層心理の質問です!

 辞書開いたり、検索したりしちゃダメですよ!
 ふっと思い浮かぶ四文字熟語、二つあげてくださいね!
 順番も大事ですので、一番目は「○○○○」二番目は「○○○○」と覚えておいてくださいね。

 以前にもブログに書いたことがあるのですが、それはもう数年前のこと。なので当時の記事なんて、もう覚えていらっしゃらないかと思いまして、再チャレンジです(^O^)

 本日の最後に「それは何を意味するのか!?」をご紹介したいと思います。
 あれ、ダメダメですよ!先にスクロールしちゃダメですからネ(^^;)
 思い浮かびましたか?
 ちなみに、「焼肉定食」や「餃子定食」は四文字熟語ではありませんのであしからず(ーー;)

 さて、皆さまがご自分だけの二つの四文字熟語を上げて頂いている間に、本日はちょこっと文字文様の江戸小紋をご紹介をさせて頂きます。
b0172203_1657487.jpg
 左から、「不老長寿」「花鳥風月」「家内安全」「合格祈願」。
 画像はクリックで拡大しますので、よーくご覧になってみて下さい。
 お読みになれますでしょうか?

 それにしても、江戸小紋とは大変に面白いお着物です。

 伊勢型紙を彫る、それを染める、どちらも大変に高度な技術を要する伝統工芸で、江戸時代から脈々と受け継がれたその職人技は誠にすばらしく、現在ではその職人さんの技術も大変に希少なものとなっており、ゆえに益々その伝統的な技への注目が高まってきています。

 しかし、江戸小紋の魅力とは、その伝統技術ばかりではありません。

 先日ご紹介した道具文様ももちろん、江戸小紋の文様には江戸時代に考案されたとは思えないほどの洒落っ気のあるデザインが満載なのです。

 誰がこんな文字を着物のデザインにしようと考えたのか!?
 びっしりと詰まった四文字熟語には、デザインとしての完成度はもちろん、その文字が伝える思い、さらにはその思いを身につける人の気持ちがぎっしりと詰まっているように感じます。もしかすると、はじまりは、こんな文字を着物に染めて欲しいと注文されたのが始まりかもしれませんね。

 皆さまなら、どんな文字を染めたいですか?

 もし、そんなご要望がありましたら、ぜひご相談くださいませ。
 型紙制作からオーダーをお承けすることも可能です。
 もしかするとその型紙さえも素敵な家宝になるに違いありませんね。
 いかがでしょうか?
 


 さて、さてさて(^O^)
 四文字熟語二つ、上げて頂けましたでしょうか?

 大丈夫ですか?
 一番目に思いついた「○○○○」は何ですか?
 二番目の「○○○○」は何でしょうか?

 
 では、答えです♪

 一番目に思いついた熟語は、皆さまの『人生観』をあらわしています。
 二番目に思いついた熟語は、皆さまの『恋愛観』をあらわしています。

 いかがでしょうか?
 う~んなるほど・・・ですか?え~納得いかないですか?
 あれあれ、どうでしょう?

 ちなみに店長が始めてこれを質問された時に即答した答え(^^;)
 一番目は「一生懸命」、二番目は「切磋琢磨」です。
 なんとクソ真面目な・・・つまらない女でゴメンンサイ(ーー;)

 
 まっ、とはいえ、あくまでお遊びですので、どうか深刻になられませんようにお願いします(^O^)/

 
※お店では来週から、「秋はじめ」のこんなことを予定しております。
 →http://somesan.exblog.jp/23259054/
 ダイレクトメールはギリギリのお届けになってしまいそうなので、こちらでいち早くご案内させて頂きます。ぜひご予定頂けましたら嬉しいです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-29 17:46

すすき梅雨

 夏の終わりから秋にかけて降り続く長雨を「すすき梅雨」と言うそうです。
 東京は今日も雨が降ったり止んだり、今週はずっとこんなお天気が続くそうです。
 お元気でお過ごしでしょうか?

 おかげ様で残暑はひと休みですが、毎日の湿気でクセ毛の前髪がどうにもならぬ店長です。
 昨日お久しぶりにお会いしたお客様の髪が短くなっていて、店長もこの際ショートにしたい衝動にかられておりますところです(^_^;) 皆さまは?雨の日の髪は大丈夫ですか(^^? 

 さて本日は、この間の京都出張で、こんな可愛いバッグも見つけて来ましたので、早速ご紹介です!

 秋のお出かけにいかがでしょうか?
 紫のラインが効き色でちょっと良いでしょ~(*^^*)
 (画像はクリックで少し大きくなります)
b0172203_18491428.jpg
 ウェブショップへの掲載はまだできていないのですが、早速、持ってみました!b0172203_18485864.jpg 
 このぐらいの大きさです!
 ファスナーがガバっと開くので出し入れもしやすいかな、それにそのファスナーの金具が重みがあって可愛いです。しかも持ち手は牛革なので上質感もあり!この雨が止んだら、秋のお出かけに早速連れて行きたいバッグかな(^O^)いかがでしょうか?
 お値段は24,600円でお店で展示販売ちゅっ!

 ところで、どーでも良いお話の続きですが・・・やっぱり髪もそろそろイメチェンしたいと思うこの頃ですが、思えばショートヘアだったのはいつの頃だったのか・・・そうそう大学生だった時に一度そんな時期があったな~、あの頃は体も髪もふわふわと軽くて、何も抱えるものもなく心にも羽根が生えていたようで、一体何をして過ごしていたのやら。でも、できることならあの夏に、一瞬だけタイムスリップしてみたいなんて思うのは、今年の夏がまたあっという間に終わりそうだからかな(^^;)

 雨が続くとボンヤリとやる気もなく外を眺め続けてしまっていけませんが(ーー;)秋雨のことを「秋霖(しゅうりん)」とも呼ぶそうで、その響きは夏の終わりの寂しさを一層かきたててくれるので、尚更です。

 おもひ出しおもひ出しては秋の雨 (服部土芳)

 いよいよ本当に8月もわずかでございます。今年の夏とさよならする寂しさとひきかえに、秋晴れの清々しい日を心待ちにしたいものでございます(^^;

 お店では来週から、「秋はじめ」のこんなことを予定しております。
 →http://somesan.exblog.jp/23259054/
 ダイレクトメールはギリギリのお届けになってしまいそうなので、こちらでいち早くご案内させて頂きます。ぜひご予定頂けましたら嬉しいです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-28 19:17 | 着物まわり

秋はじめのご案内

 本日は急に気温が下がってビックリするほどでした。
 いよいよ秋が近づいてきたのでございますね!皆さまのお住まいのところではいかがでしょうか?

 ということで店長、先日の定休日を利用して秋の準備に京都まで行ってまいりました(^O^)
 その成果をご披露させていただきたくて、本日は、この秋の楽しい予定のお知らせです。
 どうぞぜひ、ご予定下さいましたら嬉しいです。
b0172203_1811620.jpg


9/3(水)~9/13(土) 初秋のコーディネート&秋はじめの帯展

秋はじめには、味わい深い新作小紋に加えて、初秋の装いに彩りを添える帯たちをご紹介いたします。

新作小紋は、型染め、ぼかし染め、しけ染め、蒔糊染め・・
多様な伝統技法を持ちいて染めた風合いのある作品をご紹介します。
手が込んでいるのにシンプルでモダン、ドレッシーに着こなして頂ける素敵な作品たちです。

は、櫛(くし)織、すくい織、刺繍、京都西陣の帯の中でも気軽にお使い頂ける上品で可愛い帯をご紹介します。暑い夏を越してようやく秋!秋の単衣からおしゃれを存分にお楽しみ頂けます。

※ちなみに写真は本日入荷したばかり、タッサーシルクの光沢のある生地に刺繍の名古屋帯です。なんだかアクアマリンの海に浮かぶ宝石みたいで素敵で可愛い帯!秋の単衣から大活躍いたします♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10/1(水)~10/11(土)(予定)手描き友禅染め帯展

毎年恒例となりました、東京手描き友禅作家「田邊慶子」先生と愉快な仲間たち
今年の新作染め帯展を開催いたします。
今年はどんな新作が揃うのでしょうか!どうぞお楽しみになさって下さいませ。

※どちらの期間も帯のお仕立て(芯代込み)無料でお求め頂けます。



 それにしても、いよいよ夏の終わり。もうすぐ夏休みも終わりです(^_^;)
 こんな時期に急に気温が下がると焦っちゃいますが、同時に体調を壊したりしがちです。
 もうすぐやって来る楽しい秋のために、どちら様もどうか無理せずお過ごし下さいますように。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-27 18:16 | お店どたばた

暮らしの道具、日本の伝統・・

 日本の伝統的文様には、桜・菊・牡丹・竹・・・などの草花文様、雪・流水・波などの自然現象を文様にしたもの、有職文様をはじめとする抽象的な幾何文様、宝尽くしなどの吉祥文様まで無数の文様があります。

 江戸小紋においては、これらの柄をさらに抽象的にあらわし、さらに細かく微細な文様が特徴です。中でも「鮫」「行儀」「通し」「大小あられ」「万筋」などは格のある柄として、より緻密で微細な文様へと進化して今日に伝えられています。

 しかし、本日ご紹介しますのは、そんな江戸小紋の文様の中で、とってもユニークで温かみのある文様「道具文様」です。左から、「扇子」「和綴じ本」「駒と碁筒」「餅つき道具」「茶道具」。
b0172203_17162457.jpg
 そういえば本日は外国からのお客様をお迎えしました。日本の方ですが現在は海外にお住まいということで、この夏休みに思い立って、日本の古き良きものを訪ねる旅にお越しになられたとのことです。
 その方が、「色んな伝統文化や技術、みごとなものを多く見てみましたが、良く考えると身の回りの箸一本をとっても伝統なのだってシミジミと気づきます」とおっしゃられていました。

 そうなのですね。私たちは毎日普通に使っております生活の道具、多くは日本の伝統的なものだったりします。ちょこっとグルッと見回してみましょうか?
 すると気づくわけですが・・・随分とダダクサに使っており、しかも大事にしているとは到底言えず、しかもとりあえず体は成しておりますが・・・という使い捨てに近いものも多く、つまりどーでも良いもので溢れており、日本生まれの伝統的な手仕事による道具の機能も価値も、いつしか見下げるような暮らしになっておるではないか!? まっ(ーー;) 生活スタイルや価値観の変化によるわけで仕方がないと言えば仕方がないのですが・・・(^^;

 しかし、年齢を重ねると、身の回りに溢れたそういういらないものを思いきって整理して、大事なもの必要なものにはちゃんと良きものを、そして毎日をシンプルに、丁寧に暮らして行きたい!そういう思いが高まってまいります。そんな時にふと気づくと、伝統的な道具への愛着がふつふつと湧いてきたりしませんか?

 すると困ったことに今すぐにも家の中を断捨離したくなるのですが、急に(^^;とりあえずそんな時間もありませぬゆえ、まずは誠にささやかな日常の道具にはちゃんと良きものを、そしてもっと丁寧に愛着を持って暮らせるようになりたいものでございます。。。

 とりあえず、今週は雨が多いようです。
 どちら様も、傘をお忘れになられませぬように!
b0172203_18201482.jpg


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-26 18:28 | 江戸小紋のおあつらえ

紀州藩と吉宗と鮫

b0172203_17442431.jpg
 江戸小紋「鮫文様」です。何やかんやと申しましても、開店以来最もご注文の多い文様です。
 本日は、そろそろ、秋のおあつらえの季節でございますので、改めて真面目に(^^;江戸小紋「鮫文様」のお話などをしてみたいと思います。

 「鮫」にも大きさが3種類ありますが、お子様の卒入学、七五三、ご結婚式、お茶会などのフォーマルなお席でのご着用目的の方が多いことから、「極」や「中」という繊細で幻想的な光沢感のある文様のご注文が圧倒的ですが、柄の大きさの違いなどはこちらで詳しくご紹介しています。
 →http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/86.html

 江戸時代に普及した江戸小紋ですが、そもそもは武士の裃の柄でした。力のある藩は独自の「柄」を制作して「定め柄」としました。この「鮫文様」は徳川御三家の一つ「紀州徳川藩」の定め柄です。

 で(ーー;)いきなり脱線してしまうのですが・・・紀州徳川藩とは三重県と和歌山県にわたるエリアを統治しており、伊勢湾に面する温暖な気候と伊勢神宮を有し、江戸中期以降には伊勢商人が台頭する商業文化都市でもあるわけですが、江戸の初期の頃には戦もなく平和ボケから派手な出費が嵩み財政難にあえいでいました。そこに登場したのが、藩主「徳川吉宗」!吉宗は、質素倹約を旨として財政危機を乗り越えました!

 あれ?吉宗って将軍じゃん!?
 そうなのです、その財政再建の手腕をかわれて、第8代将軍として抜擢されたのでございます。
 まるで歴史のお勉強のようですが(^^; そこで吉宗が行った改革というのが「享保の改革」です。
 もちろん大命題「質素倹約」とにかく支出を切り詰める!ご存知の「一汁三菜」は吉宗の命によるものと言われ、気がゆるんだ武士には武芸と学問に精進させました。

 そういえば、三重県って今でもそうなのです。一世帯あたりの貯蓄額、全国県別ランキングでは常に1、2位を争う貯蓄王国。昨年の1位は東京都ですが、東京のように入りも出も多いというわけではなく、三重県の場合は何しろ出が少ない・・・めちゃくちゃ倹約志向の強い県民性でもあります(^^; 

 あれ?また脱線につぐ脱線・・・
 ちょこっと戻って・・っと、その吉宗ですが、何も質素倹約だけを命じたわけではありません!
 「目安箱」を作って民衆の意見に耳を傾け、誰でも治療を受けられる小石川療養所をつくったり、なんとあの有名な「大岡越前守」を江戸町奉行に採用。高齢の人が就くべき役職に才覚を見込んで若い大岡越前を起用したとのこと。つまり、倹約倹約ばかりでなくて、とても勤勉で革新的な改革を推し進めた名将軍でもあるわけで、だ・か・ら、お馴染みの「暴れん坊将軍」として、今でも愛される将軍さまなんです(^O^)

 なので、その三重県ですが、実は質素倹約でおっとりとした穏やかな面と、革新的な発想や行動力もあわせもった県民性と言えるのかもしれませんが・・・ただ店長は三重県に生まれて18年住んでおりましたが・・・あれ?どうもおかしいです(ーー;)

 で、、今度こそ江戸小紋「鮫文様」のお話に戻らねば(^^;
 伊勢型紙が紀州徳川藩の庇護を受けて一大産業と発展するのは、吉宗の改革の後のことですが、この気の遠くなるような彫刻技術、そして全国各地の染めの産地のオーダーにも機敏に応えるオペレーション機能、それはきっと、脈々と続く、倹約精神による堅実で勤勉な風土、そこから生まれる革新的な気風によるものかもしれません。うんうん(^-^*)

 その、紀州徳川藩が定め柄としたのが「鮫」、しかも、緻密で気の遠くなるような微細な「極鮫」文様は、ただただ細かいだけでなく、光を集めて放ち、浴びる光りによってその表情さえも変化させるという、これは計算によるものなのか偶然の産物なのかはわかりませんが、あまりに美しくて・・・たまに息をのむほどなのでございますよ!お召し頂ければ尚更実感頂けるものと思います。

 紋を入れれば、より格のあるフォーマルなお着物としてお召し頂ける「鮫」、この秋にも「おあつらえ」をご検討予定の皆さまには、ぜひ一度実物をご体感頂ければ嬉しいです。


 今日は随分と長文となってしまいまして、すみません(^^;
 明日の日曜日、そして月曜日は定休日を頂戴いたします。

 お休み明けにぜひまた元気にお会いできますように!
 名残惜しい夏、どちら様も体調管理に気をつけて、どうぞ楽しい週末をお過ごし下さいませ。

 ネ!やっぱり江戸小紋、いいでしょ!?(^O^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-23 19:18 | 江戸小紋のおあつらえ

秋単衣におすすめの櫛織りの帯!

 いやはや本日も35度を超える猛暑日ということで、今週は連日この暑さが続いております。
 笑えるぐらい暑くて、お陰様で暇なお店番を続けております店長です(^^;

 こんな気温の毎日に、秋のお話をして良いのやら・・・と毎日悩むわけですが・・・でも、着物も帯もお召し頂くまでに相応の時間がかかりますゆえ、やはり秋のお話をせねバならぬわけで・・・今日もまた、どうかお付き合いくださいませ。

 こちらの帯、「櫛(くし)織り」という織り方で織られています。この秋のための新入荷♪
 なんとなく透け感があって夏帯なのかな?って思われがちですが、夏に締めてはダメ!というわけではありませんが、本来は単衣と袷の季節の帯です。(画像はどちらもクリックで拡大します)
b0172203_17342996.jpg
 櫛織りというのは、通常は機に緯(よこ)糸を通してそしてカマチ筬でトントンと縦糸を寄せるのですが、その縦糸を寄せる際にカマチ筬ではなくて櫛を持ちいて寄せる織り方です。なので波打つようなランダムな織り目が仕上がります。それが櫛織りの魅力で、そのため大変に軽くて締めやすい帯が仕上がります。

 特に、9月下旬からはじまる気持ちの良い秋、4月下旬からの初夏、10月や5月、本当は袷の季節なのにちょっと無理かなという、早め遅めの単衣ご着用時にはとっても重宝です。もちろん袷の季節にもご着用頂けますので、長い期間お楽しみ頂けます。

 本日はまず、9月下旬~10月中旬の単衣を意識して、可愛い「むじな菊」の江戸小紋にコーディネートしてみました。愛らしいピンク色ですが、秋らしい大人っぽい雰囲気に仕上がります。
 何しろこのチョコレートブラウン、きっと皆さまが探している雰囲気のある焦げ茶!ってやつでございまして(^^; しかも折柄の色彩が情緒的でしっとり華やぐ感じも素敵だと思います。
b0172203_18314447.jpg

 帯はこちら→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_kushi.html
 着物はこちら→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/OR1304.html

 そうそう、まだご案内も始めていないのですが、実は、暑さのゆるむ9月早々から、その悩ましい単衣延長の季節~秋本番に向けて、櫛織りを始め軽やかで気軽にお洒落を楽しめる帯のコーディネート展を予定しています。近々にちゃんとご案内申し上げますので、どうぞ少しお待ち下さいませ。

 あ゛~!もういい加減にして!な暑さですが、お天気予報ではどうやら明日は雨模様、少しホッとできそうですが油断大敵です。夏の終わりの熱中症など、どうかくれぐれもご自愛下さいますように。

 土曜日も元気に営業しております。
 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ(^O^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-22 18:25 | コーディネート

初秋の準備~粋を感じて

 暑い暑い、もう何度言っても変わらないのに思わず口に出してしまう暑さでございます。
 残暑・・・厳しすぎますね(^^; 皆さま大丈夫でございましょうか?

 でも9月の声も聞こえる昨今です。
 暑さの残る初秋には、どんなコーディネートをしようかな?そんなことを考える頃ですね(^_^;)

 ということで本日は、涼やかさを演出するには、なんといっても縞柄。
 縦にスーと伸びる縞柄はなんとも気持ちの良いものでございます。
 何しろ着物は全身を包みますので、なおさらです。

 着物は「七五三」縞の江戸小紋。
 七本、五本、三本の縞が交互に伸びる清々しい江戸小紋です。(画像はどちらもクリックで拡大します)
b0172203_17381696.jpg
 縦縞の柄は、とかく「粋」な文様として江戸時代から愛されてきました。
 
 しかし・・・「粋」って何?な~んて難しいご質問にニワカにお答えすることは難しいのですが・・・

 色やデザインで言えば、横縞よりも縦縞、色彩豊かな色より単色、しかも渋みのある色を言われることが多いのですが、何より見た目以上に、「粋」には、そこはかとなく感じる空気感のようなものが大事なように思います。つまり色柄の内に秘めたる内面の部分とでも言いましょうか、それをあわせて、粋の美意識と言うのかと思いますが・・・。

 例えば、思いつくままで恐縮ですが・・・、甘えすぎない、欲張りすぎない、近づきすぎず遠からず、さらには、執着しすぎず、しなやかで気風のイイ潔さがあり、目立たないのに気持ち良い色気を感じる・・・そんな感じでしょうか(^_^;)

 江戸小紋の縦縞は、反物の端から端まで12~3mにわたり、決して交わることのない、余計なものを加えることなく、どこまでも潔い細やかなライン、遠目にはわからずとも近づくことで始めてわかる繊細な細やかさ、そんなところが「粋」という美意識の内実にも通ずるように思います。

 なんて(ーー;) 小難しいことを弄り回すのはその辺に致しましてっ(^_^;)

 ちょっぴり渋みのあるブルーラベンダーの江戸小紋、単衣を意識してコーディネートしてみました。
 もちろん、着物は単衣にも袷にもお仕立て可能ですが、近頃では10月中旬まで単衣をお召しの方が多くなりましたので、単衣仕立てにしても素敵です。
b0172203_17372454.jpg
 あわせた帯は、こちらは9月末までのご着用となりますが、夏~単衣の染め名古屋帯ペイズリーです。初秋、吹く風にちょっぴり寂しさを感じる季節には、そんな気分に寄り添える気持ちの良いコーディネートかと思いますが、いかがでしょうか?

 そうそう、私が勝手に思いますには、粋の内実には、そこはかとない孤独感のようなものを感じるのですが、もう少しして暑さがやわらぎ、心地よい風を感じる秋の夕暮れ時などがちょうどそんな感じでしょうかね^^?

 それにしても暑いです!早くそんな季節が待ち遠しいばかりでございますが、どちら様もどうか体調管理に気をつけて、残り少なくなりました8月、思い残すことなく楽しんでお過ごし下さいますように。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-21 18:40 | コーディネート

秋の虫が鳴き始めました。

 なんと本日は猛暑日ということで、残暑厳しい毎日です。
 皆さまは如何お過ごしでしょうか?
 店長は絽の着物でお店番ですが、エアコンをフル稼働させても少し動くと汗だくです(^^;
 
 おかげで、お店では初秋を告げる松虫草もフーフー言いながらお店番中です。
b0172203_16325627.jpg
 でも、秋はコツコツと近づいてまいるわけで、本日は初秋の単衣にこんな帯はいかがでしょうか?のご提案です。以前にもご紹介したことがありますが、染色作家「柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)」氏の型絵染めの帯です。(クリックすると拡大します)
b0172203_17315227.jpg
 民芸調の味わいと独自のポップなデザインは多くのファンに愛され続けています。絵本や絵画作品を多く手がけられる中、帯などの布に染めた作品は、素材感とのマッチングもあわせてとても魅力的。
 その柚木氏は90歳を超えてなおも現役!介護の必要な両親よりもうんと年上と思うと羨ましくてたまりませんが(^^; 人生の永きに渡り一つのことを追求され作品に残されることの偉大さに感無量ですね。
 
 ※詳細はこちらにて→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_yunoki.html

 さてところで、お昼間は猛烈な暑さにぐったりなのですが夜になるとここ表参道の裏通りでも虫の鳴き声が聞こえてきます。そんな声を聞いていると、あ~秋なんだな~とシミジミいたしますが、皆さまのお住まいのところではいかがでしょうか?

 松虫草はマツムシの鳴く頃に咲くから「松虫草」だそうです。
 で、そのマツムシはなんて鳴くのでしたっけ?
 そうそう、「ちんちろ ちんちろ ちんちろりん♪」でした(^^)

 
 そんなことを考えていましたら、先ほど、素敵な音を見つけました。

 「秋の野の尾花が袖にまねかせて いかなる人をまつ虫の聲(こえ)」 (西行)

 そっか、秋の夜には美しい音色に誘われて待ち人来たる?なんてこともあるのかもしれませんね...(^^) いや、もしかしてそれは・・夢の中。。。

 どちら様も、どうぞお健やかにお過ごしくださいますように!


 




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-20 17:54 | 日々つれづれ

長襦袢のお洒落に視線が集中!?

b0172203_17571567.jpg
 明日発売の雑誌『美しいキモノ 秋号』“SELECT shop”のコーナーに当店の長襦袢が登場しました!
 雑誌を裏返して巻末からはじまるコーナーのP8です。

 いよいよ、秋が近づき、おしゃれの季節到来!ということで、秋風が気持ちの良い季節には長襦袢のお洒落もうんと楽しんで頂きたいです。

 ご紹介頂いている当店の長襦袢は2点です。
 一つは、この秋の新作、京都あさみの長襦袢“月待ちの夜”
 夏休み前にもご紹介いたしましたが、いよいよ販売を開始いたします。
b0172203_1842979.jpg
 お袖の振りで兎が跳ねるなんて、自分では気づかないけれど、周りの方には必ず気づいて頂けて、きっと楽しんで頂けます。
 淡い紺色とクリーム色でぼかし染めした絵羽柄の染めも大変美しくて、この秋ぜひおすすめの長襦袢です。フォーマルなお席にもお召し頂けますので、こだわりの長襦袢一枚あると、幅広いシーンでお召し頂けます。もちろんカジュアルにも。
 ※詳細は→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/nagajyuban_tsuki.html

 そして、もう一点は、こちらもとてもこだわった型染めを施した長襦袢、加藤萬製です。
 お仕立てによって、型染めの部分を袖口にすることも、振りの部分にすることもお好みです。
 とても雅で可愛らしくて、普段のお出かけに華を添えてくれること間違いなしです。
b0172203_1813256.jpg
 加藤萬さん曰く、これだけの型染めはもう今後できる職人さんがいない!のだそうで、大変希少なデザインでもあり、楽しんでお召し頂ける長襦袢です。
 ※詳細は→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/nagajyuban_sakurasakura.html

 どちらも上質でとっても可愛いので着物を着てしまうのがもったいないぐらいです。
 着付けの前に長襦袢のまま美味しいお茶でも頂いて、一人静かに気持ちを満たしたりしたくなる、そんな2点です。(もちろん店内には、上質な長襦袢を何点も揃えておりますので、ご来店の際はぜひお尋ねください)


 それにしても・・・
 夏休みが明けていきなり「秋~」と申しましても、今日もまだまだ残暑厳しい一日でした。
 とはいえ、お天気予報を見ると日に日にジワジワと気温が下がっていくようです。
 夕方には秋風も感じる頃でございます。

 どちら様も体調管理に気をつけて、秋のご計画もゆっくりとはじめて下さいね。
 

 おっとその前に、夏の着物まだあんまり着てないです~!って方は、週末に向けて少しずつホッとする気温になりそうですので、ぜひぜひ予定を作ってお出かけくださいませ。

 お店は相変わらず、ちゃんと冷やしてのんびりと営業しております。
 なんやかんやと、またぜひお会い出来ますのを楽しみにお待ち申し上げております。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-19 18:23 | 着物まわり

夏休み、北アルプスは大雨でした(^^;

 長いこと夏休みを頂戴致しまして誠にすみません。
 あす8/19(火)から、通常営業を開始させて頂きます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、皆さまの夏休み、お盆休みは如何お過ごしでしたでしょうか?
 店長は、高齢の両親、入院中に要介護3と認定された母と要支援2となった父、この2人の老老介護の生活をどうするのか!?しかも実家は遠方名古屋(ーー;) ということで・・・帰省しておりました。

 
 当面の結論としては、母は不平不満を並べながらもとりあえず短期の介護施設へ入居、一方施設なんて死んでもイヤな父は一人暮らし、ということで新生活をスタートすることになったのですが、いやはや・・・(ーー;)疲労困憊でございます。

 
 両親ともに認知症ではないために体が不自由とはいえ助け合って暮らしていたのですが、母が入院した6月からというもの、穏やかな日常を打ち破る突然の展開についていけずに家族は大モメの毎日で、私も眠れない日々が続いておりました。なので、このお盆にとりあえずは打開策を講じたわけですが、まさに「とりあえず」に過ぎないわけで・・・。

 つくづく思いますのは、人生って、登り坂は一気に駆け上がりたいものですが、下り坂となると怖くて駆け下りることなんでできないのですねぇ~。山登りも一緒かな(^^; 本当は自宅を手放して二人揃って介護のある施設に入ってもらいたかったのですが・・・昔のように思うように動けない、それでも自由でいたい、ちゃんと社会人でいたい。周りから見れば早く下山してもらって安心したいわけですが、本人たちにしてみれば、そこから下りるには一歩、いや半歩ずつ時間をかけてゆっくりと足場を確認納得してでないと、下ることはできないのです。。。

 そんなこんなで、蒸し暑い雨の名古屋を走り回り、本当に疲れました!

 しかし!ここでメゲないのが店長でございます。
 このままでは夏休みが終わっちゃう!そうだ、名古屋→東京の間には、あっ、あそこがあるじゃないか!
 へへっ(^^; ええい行っちゃうぞ~!
 ということで、「北アルプス」を経由して東京に戻ることにいたしました(^O^)/
 なんとちゃんと山の準備をして帰省していたというチャッカリ者でございますゆえ(^^;

 ところが、うっかりしてました!忙しすぎてお天気を調べていませんでした!
 北アルプスはこのお盆休みには大雨洪水警報?注意報?が発令!
 な、なんと・・・山ガールにあるまじき、現地に行くまで全く認識なし(ーー;)

 行き先は、松本を経由して、乗鞍高原、乗鞍岳の主峰「剣ヶ峰」3,026登頂を企んでおりました。
 なのに、まず出迎えてくれたのは、どしゃぶりの白樺の小路・・・。
b0172203_1340617.jpg
 猛烈な轟音を立てる川。危険すぎて足がブルブルです((((;゚Д゚))))
b0172203_1341013.jpg
 登山口へのぼるバスも途中折り返し運行ということで、本当は「畳平」というお花の美しい拠点地まで行くはずが、手前の大雪渓まで。ここは夏スキーのできる日本一標高の高いスキー場なのですが、激しい雨で5m先も見えません。
b0172203_13442336.jpg
 ヤダ!登りたいもん!せっかく来たのに!と、まだ先を目指そうという私に、またまたネガティブ夫の登場!いや、たぶん遭難する。遭難した場合の食糧がない!えっ?食糧?いやその前にダメでしょ!そんなアホな会話も激しい雨の音にかき消されてしまいます。しかも迎えのバスも運休になって取り残される危険あり!と判断し、ここたぶん2,700mぐらいなんですが、泣く泣くバス停に引き返すことになってしまいました(ーー;) 
b0172203_13465981.jpg
 と~っても残念でたまらないのですが、雨に打たれ続けて強力なレインウエア「ゴアテックス」も雨を弾いてくれなくなり、全身ずぶ濡れの数時間でしたが、可愛い高山植物は雨にも負けず季節を伝えてくれていました。

 ちょっとだけご紹介!
 これ、「ウサギギク」って名前なんです。高山に住む蝶々にも好かれる可憐な花、葉っぱが兎の耳に似ているので、そう呼ばれるんですって。こんな高所だとお月様にも近くて住みやすいのかと思います。
b0172203_13543485.jpg
 普通に道端でも見かける白いキクもここで見ると逞しい。野菊の墓の野菊「ノコンギク」
b0172203_13571982.jpg
 雨に濡れる「ムラサキツユクサ」は別名「蛍草」。雨が良くお似合いでした。
b0172203_11192739.jpg
 そして2,700mの高所では、もう秋を告げる花「ミヤマキンバイ」が咲き乱れていました。花言葉「幸せ」。大雨の中に見つけた小さくて黄色い「幸せ」♪
b0172203_13583266.jpg
 そして、もうススキたちが「お月見」の日を待ちわびる初秋の乗鞍でございました。
b0172203_140856.jpg

 いやはや、これまた疲れた(ーー;) こんなことならおとなしく新幹線でビュッと東京に帰れば良かった!とグチグチ言い争いになりそうになるわけですが・・・b0172203_1431597.jpg ちょっと待て!この近くに温泉あり!しかも秘湯「白骨温泉」♨があるではないか(*^^*)
 とにかく全身ずぶ濡れでこのままでは何ともならぬゆえ、泊まりたい!ということで向かった白骨温泉で、この夏休み初めてのリラックスの時間をゲットいたしました(^O^)/ 
 行かれたことありますか?白骨温泉「白濁の湯」でございますよ!残念ながら露天風呂だって雨の中ですが、おかげで人影なし!独り占めの露天風呂を満喫です。
b0172203_146776.jpg


 ふ~っ(^^; ということで、試練と波乱に富んだ大変な夏休みでございましたが、白骨温泉で締めくくり、終わりよければ全て良し!エネルギー充填になんとか間に合いまして、明日から元気に通常営業を始めます!

 まだまだ暑い日が続きますが、だんだんと吹く風は秋の気配を感じるようになりました。
 
 秋風を感じたら、ぜひまた遊びにいらしてくださいませ。
 相変わらずでございますが、のんびりとお盆明けの営業を開始させて頂きます。

 秋冬の「おあつらえ」は、もうそろそろ本格的にご検討頂きたい頃でございます。
 お時間がありましたら、ぜひ、お会い出来ますのを楽しみにお待ちしております。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-08-18 14:21 | 山レポ