<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新柄の江戸小紋③~木賊(とくさ)

b0172203_17463321.jpg
 本日も、逸品型紙で染めた江戸小紋のご紹介です。
 こちらは「木賊(とくさ)」という文様です。

 (画像をクリックしてくださいね。2枚の画像は大きくなります。文様がわかりやすいと思います。)

 木賊(とくさ)という植物をご存知でしょうか?
 細い茎がまっすぐにスクッと立つ常緑の植物で高さ1m弱ぐらい、ところどころに節があります。
 もともとは山間部の湿原の植物なので日陰でも育つことから、近ごろではお洒落なショップの玄関周りなどにも植えらてお店の雰囲気作りに一役かっていたりいます。店長も以前の神宮前のお店の時には、この木賊を植えたいと思っていたこともありました(^^;

 その木賊は江戸小紋の文様として古くから親しまれています。
 細かい縞の中に節を表現して縞が細かいほど節がドットのように見え、粋で可愛らしくて私も大好きです。
 筋だけの「万筋」とはまたひと味違う、趣のある素敵な江戸小紋です。

 もちろんこちらも逸品型紙で染めています。伊勢型紙縞彫りの第一人者、佐々木正明さん制作の型紙です。お店で常時ご紹介している色柄見本にも「木賊」の文様がありますが、こちらはさらに細かくて、それゆえに、しなやかな染めあがりが大変に魅力的です。

 渋みのある落ち着いた紫で染めています。
 本日は、こんなコーディネートをしてみました!
b0172203_18145515.jpg
 焦げ茶味のある墨色に小さな小花の更紗柄の染め帯です。この帯も、粋だけど可愛い!そんな感じでしょうか(^^) 帯締めの白が清々しいでしょ!?絞りの帯揚げのアクセントの色と、そして房の緑が効き色です!

 いよいよ明日から11月になります。
 お昼間は爽やかで過ごしやすく、夕暮れ時にはそこはかとなく寂しさを感じる晩秋ですね。
 お着物が良く似合う季節でもありますので、ぜひお洒落をしてお出かけください。

 ※本日は、お客様おあつらえ写真集にも素敵なお客様をお迎えしました。
 やっぱり江戸小紋が素敵!K様の「はじめてのお誂え」は、「ラベンダーピンクの笹鮫文様」です。
 こちらでたっぷりご紹介しています→ http://someichie.exblog.jp/21256109/
b0172203_18375382.jpg
 
 


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。

 ※詳細は→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html

(予告)11/20(木)~11/30(日)※30(日)営業いたします。
京の江戸小紋「大野信幸」新作展&晴れの日の帯展


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-31 18:39 | 江戸小紋のおあつらえ

11月は盛りだくさんでお待ちします。

b0172203_187885.jpg
 あっという間に・・・10月もあと一日となりました。
 週末は三連休、そしていよいよ11月、草木が彩りを増す美しい晩秋の頃でございますね~!

 本日は、11月のお知らせでございます。
 お着物には本当に気持ちの良い季節でございますので、11月は盛りだくさんに予定をしています。
 ぜひぜひ、ご予定下さいましたら嬉しいです。

その1.11/6(木)~11/12(水)は、
「おあつらえ羽織&コート展 冬仕度の会」

 紅葉が色づく頃~桜がほころぶころまで、つまり11月~3月は羽織やコートが必要です。
 この5ヶ月間のお出かけ、まず目に入るのは羽織やコートなわけです。
 なので、やっぱりおろそかにできません・・。
 せっかくお気に入りの着物や帯をお召しになっても羽織ものが残念なんて悲しいですね(;_;)
 だから、この機会に、ワクワクする羽織やコートをお誂えしませんか?

 期間中は、とっても可愛い裏地(羽裏)25,000円相当を無料でおつけいたします。
 そして、真冬のお仕度に、素敵なショールなどもご紹介させて頂きます。
 今年もいよいよそんな季節でございますので、ぜひご予定くださいませ。

その2.11/20(木)~11/30(日)は、 (*11/30(日)営業します)
「京都の江戸小紋「大野信幸」新作展&ハレの日を彩る逸品帯展」

 お馴染みの京の名工「大野信幸」先生の新作江戸小紋展を開催します。
 大野先生は先ごろ「全国小紋友禅染色競技会」にて一等賞を頂いたそうです。
 その一等賞の作品をいち早くご案内する予定です!
 しかも、10/29(土)と30(日)は大野先生も一緒にお店番予定です。

 そして、同時開催として、年末年始はお着物をお召しになる機会がふえる時期です。
 気分も上がっておめかししたくなる季節にぴったりの素敵な西陣の帯のコーディネートをご提案します。
 もちろん期間中に着物や帯をお買い上げ頂くと嬉しいお得な特典もありでございますよ!
 こちらもぜひ、お誘いあわせてご予定くださいませ。

 楽しい秋、第2幕の始まりでございます。
 どちら様も、素敵な毎日をお過ごし下さいますように。

 お会い出来ますのを楽しみにいたしております。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。

 ※詳細は→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html

(予告)11/20(木)~11/30(日)※30(日)営業いたします。
京の江戸小紋「大野信幸」新作展&晴れの日の帯展


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-30 18:10 | お店どたばた

新柄の江戸小紋②~究極の竹縞

b0172203_1819980.jpg
 本日も、型紙職人さん渾身の一枚のご紹介です。
 こちらは、伊勢型紙「縞彫り」の第一人者、坂哲雄さんの型紙で染めた江戸小紋「竹縞」です。
 縞文様は「粋」を表すデザインとしてはきっと一番わかりやすい文様だと思います。しかも手で彫られた縞文様の微妙なゆらぎは、粋な美の世界を堪能できる、究極の江戸小紋の一つでもあります。

 (画像クリックで拡大しますので大きくして見てみてくださいね)

 当店では常時「竹節」文様をご紹介しておりますが、こちらの竹縞はそれよりもうんと細い縞文様です。こんな細い縞をどうやって彫るのやら・・・途中で切れてしまいそう、これ以上細くはできないと思えるほど繊細な縞型です。しかも単なる縞ではなくて、良くご覧になって見てください。竹の節が見えます。だから「竹縞」!もう・・・ため息がでるほどの緻密な作業です。
b0172203_18384448.jpg
 もちろん、このような繊細な型紙を染める技術だって並大抵ではないのです。
 古くは、型紙職人さんが、「どうだい、これ、染められるかい?」なんて、染めの職人さんへの挑戦状のように細かい細かい型を彫り、「何言ってんだい!ほら見てみなさいよ!」とさらりと染め上がる、その技と技とのせめぎ合いが技術を高めあってきたものです。
 現在ではどちらの職人さんも大変に希少になっていますが、こうして究極とも言える素晴らしい作品が生まれる背景には、そうした熟練の職人さんたちの情熱の火、今もなお消えてはおりませぬ!ということでございます。

 本日はこのお着物に、帯屋捨松謹製、古典調のこんな帯をあわせてみました。
 四季のお花が色紙の中に咲く、紅藤色のしっとりとした名古屋帯です。
b0172203_1965459.jpg
 可愛らしい上品なデザインですが、捨松さんらしくお花たちはカラフルで元気が出ます。
 銀鼠色の竹縞文様江戸小紋に紅藤色の帯、帯揚げは同系色の淡い紫やピンクをあわせたくなるところですが、お召し頂く皆さまのお顔がパッと華やぐのはやっぱりこれかな!フーシャピンクの帯揚げです。
b0172203_19111741.jpg
 この色の帯揚げを入れると、銀鼠の竹縞が一層清々しく見えますネ!
 素晴らしい技術だけれど、地味でシックなイメージがあり江戸小紋を敬遠されていた方も、コーディネート一つでこんなにも華やぐのです。ぜひ今一度、この信じられないような緻密な技にご注目頂きたいと思います。


 お着物にとっては、とても気持ちの良い清々しいお天気が続いております。
 でもしかし、北の方の山々では初冠雪が観測されたそうです。いよいよ雪山シーズン・・・(^^;ではなくて!皆さま、朝晩は本当に冷えるようになりましたので、どうか油断なさいませぬように、体調管理に気をつけて、楽しい秋を満喫されますように!

 そして、お近くにお越しの際はぜひ、お立ち寄り下さいませ。
 お会いできますのを楽しみにお待ち申し上げております。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。

 ※詳細は→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html

(予告)11/20(木)~11/30(日)※30(日)営業いたします。
京の江戸小紋「大野信幸」新作展&晴れの日の帯展


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-29 19:18 | 江戸小紋のおあつらえ

新柄の江戸小紋①、桜ひょうたん。

b0172203_18344132.jpg
 毎年、新作の型紙を彫り、新しい作品を染めることに力を注いでいらっしゃる伊勢型紙の職人さんたちがいらっしゃいます。超ベテランの彫師の方々です。オーダーを待っているだけでは仕事がなくなってしまう、この技術を残して行かなければなるまい!今年もそんな作品が染め上がってまいりました。

 本日ご紹介する作品は、当店で常時ご用意しております色柄見本にはない文様です。
 「ひょうたんに桜花びら」を薄紅色に染めました。
b0172203_18411772.jpg
 彫師は宮原敏明さん。細やかな点々で図柄をあらわす「錐彫り」という技術の職人さんです。宮原さんは15歳で型紙の世界に弟子入りをなさいました。もう60年近くも彫り続けている熟練の職人さんです。60年もモクモクと彫る・・・考えただけでも気が遠くなりますね。そういう職人さんが大変に希少となってきています。

 型紙を手付けで染めた江戸小紋は、プリントとどう違うの?そんなご質問を時々耳にします。
 お店を始めたころは一所懸命に説明をしてまいりました。でも最近つくづく思うのですが・・
 まず、手にとって見てみてください。 写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、やわらかな染上がり、緻密であるからこそ、わずかな間が言いようのない充実感を与えてくれます。
 手で彫った型紙は手で染める。
 だからこそ、仕上がったお着物を身にまとうと、何とも言えぬ安心感に包まれのです。

 大変に美しい染上がりです。
 やさしい風合いは、他のものでは代えられない、江戸小紋ならではの、まさに逸品ものでございます。
 やわらかな大人の薄紅色です。

 本日は、しっとりとした「ぬれぬき」織りの帯でコーディネートしてみました。
 前帯には桜と菊、落ち着いた上品なコーディネートになりました。
 秋のお茶会、年末年始のお出かけにも素敵ですね!
b0172203_18573897.jpg
 お着物はお店で展示販売をしております。
 帯は→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_hanahana.html 

 気持ちの良い秋晴れが続いていますが、朝晩は随分と冷え込むようになりました。
 どちら様も、体調管理にどうかお気をつけて、素敵な秋をお過ごし下さいませ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。

 ※詳細は→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-28 19:10 | 江戸小紋のおあつらえ

空にむかって深呼吸~秋晴れコーデ♪

b0172203_18365770.jpg
 とってもお天気の良い土曜日でございました
 秋晴れの週末はブログのアクセス数がうんと減って(^^;きっと皆さま思い思いの秋を堪能されているんだなぁ~と思うのですが、いかがお過ごしでしょうか?

 秋は空が高くて、特に秋晴れの日にはとても気持ちが良くて癒されますね。
 こんな季節には、紬のやわらかな風合い、空の色、水の色、職人さんや作家さんの繊細な手のぬくもり、そんなナチュラルな風合いに包まれたいという衝動にかられます。
 本日の写真は、こんな清々しい季節に気持ちの良いコーディネートのご紹介です!

 着物は、少し前からご案内しております、職人さんの技が光る逸品着物。しけ刷毛を持ちいて職人さんがフリーハンドで染め上げた「しけ引き染め」のお着物です。光沢のある優しい風合いの紬に染めています。店長もとっても素敵で惚れ惚れしているお着物です。
 →http://www.someichie-shop.jp/SHOP/tumugi_shike.html 

 あわせた帯は、染織作家「見留敦子」さんの作品。綾織の八寸名古屋帯「湖畔」です。
 ブルーとグリーンの細やかな色使いがとても魅力的で、手織りの風合いが気持ちの良い帯。
 →http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_kohan.html
 (帯はちょこっとお値下げしています)

 そして帯揚げですが、実はこれ当店オリジナル染めの帯揚げなのですが、この色はとても人気の色です。
 ターコイズブルー!
 ターコイズは、空の色を思わせる明るいエネルギーのみなぎる色です。高い空を見上げて深呼吸をすると、体中が洗われるような清々しい気分になるように、溜まった憂鬱やストレスを払い除けて、気持ちをうんと前向きにしてくれる色なのだそうです。しかもトラブルや危険なことから守ってくれるという言い伝えもあり、もしかして、色んなことに迷ったり困ったりしている時でも、身につけると嬉しいことがある色なのです。だからかな?本当に人気者!
b0172203_190286.jpg
 そして、帯締めには秋の枯れ色をのせて、本日のコーディネートの完成です。

 今日はお着物でお出かけ下さいましたお客様もあり、本当にお着物日和の秋でございます。
 明日もこんなお天気が続きそうです(^O^)
 どうぞ皆さま、清々しい秋をご堪能下さいませ!
 そしてまた、お休み明けに元気にお会いできますように♪
 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-25 19:12 | コーディネート

着物が恋しい季節になりましたね!

 今日は最高気温は20度に満たず、随分と肌寒い東京でした。
 皆さまのお住まいのところではいかがでしょうか?

 寒くなると濃い色の着物が欲しくなる・・・そんなことはありませんか?
 写真は、今日は久しぶりに遊びに来てくださったお客様が、以前にお誂え頂いた「羊羹色」の江戸小紋。
 良く見るととっても可愛い「萩の葉」の柄です。 
b0172203_17563663.jpg
 羊羹色で細やかな「萩の葉」を染めるなんて、ちょっと素敵なセンスだなと思います。
 細やかな色は濃い色に染めるととても引き立ちます。
 萩の葉っぱは、まあるくて、とっても可愛い(^O^)

 おあつらえ下さったお客様の着姿は、こちらの「おあつらえ写真集」にてご紹介をしています。
 →http://someichie.exblog.jp/18653464/ 
 コーディネートも素敵で、これからの季節にもぴったりです。

 本日は、タッサーシルクの名古屋帯をあわせてみました。
b0172203_1804960.jpg
 赤みのある焦げ茶と緑がかったアクアグリーンの色もとても良く似合います。

 帯はこの秋の新作でございます。
 →http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_ind.html 

 気温が下がると、ますます、お着物が恋しくなりませんか?
 店長は年中着物でお仕事をしていますが、やっぱり肌寒くなると着心地がとてもスムーズで気持ち良い!

 汗ばむ季節には「おあつらえ写真集」へご登場くださるお客様が少なくて、ちょっぴり寂しくしておりましたが、これからはぜひきっと・・・(^^)お待ち申し上げております!!

 明日から週末にかけてはお天気も回復して、過ごしやすい秋晴れの日になりそうです。
 お会い出来ますのを楽しみにしております。
 


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-23 18:08 | コーディネート

文化の秋、芸術の秋、ワクワクな秋(o^^o)

b0172203_1714829.jpg
 すっごく素敵なお写真でしょ~!!
 実は、地唄舞を習っておられるお客様から届いたお写真です。お客様ご本人なのです!
 先日、発表会があり、一人舞台で「黒髪」の舞をご披露なさったのでございますよぉ~。
 まっことに素敵ですね~(o^^o)
 この後ろ姿、とても素人さんとは思えない、ドキドキしてしまいます。
 店長が独りでドキドキしながら眺めているのではあまりにも勿体無いので、ご紹介しちゃいますっ^^v

 お客様は日頃はバリバリとお仕事をなさるキャリアウーマンで、そして素敵な奥様です。お子様方が立派に巣立たれたあとは、お仕事にそしてご趣味にと毎日を楽しく弾けてお過ごしなのです。
 何事にもいつも前向きにチャレンジされていて、朗らかで可愛らしくて、しかも気さくでとっても楽しいお客様です(^O^)

 ちなみにこのお着物や帯、とても素敵でしょ!?
 京都から本物の衣装をお借りして、お着付けも専門のお着付け師さんがやってくださるのだそうです。
 ちょっと簡単には味わえない素晴らしい体験ですね~!
 しかも大舞台で一人で舞を披露なさるのです。
 あ~拝見したかった!残念ながら営業日で行かれなかった店長のためにお写真をお送り下さり、ご紹介のご許可を下さり、本当にありがとうございます。

 お店にお越しくださる多くのお客様が、思い思いの素敵な習い事をなさっていらっしゃいます。
 40代50代60代と、歳を重ねるにつれて、今までしてこなかった、できなかった、あんなこと、こんなこと、これからたくさんの楽しみが目白押しなんです。

 皆さまは、どんなご趣味をお持ちでしょうか?

 芸術の秋、文化の秋、秋は「おけいこ」はじめに素敵な季節かもですね!
 やってみたいなぁ~とか何となく思っていたことに挑戦してみると、新しい世界が開けるかもしれません。
 ぜひぜひ、人生をワクワクさせる秋になりますように(o^^o)


 さて、ワクワクといえば・・・
 お店では、今年も、こんなことを予定しております。

 「おあつらコート(羽織)&冬仕度の会」 

 紅葉が色づき始める頃には羽織やコートが必要ですね。
 11月~3月までは羽織もののお洒落が楽しい季節なのでございます。
 なので、今年も可愛い羽裏をご用意して、素敵なコート地やショールをご紹介いたします。

 ※詳細→http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html 

 コートって実はないがしろにできない大事なアイテムなんですよ!
 なにしろこれから5ヶ月間はお出かけには必ず必要で、第一印象はコートなのですもの。

 だから、ぜひぜひ、ご予定くださいませ!!

 今年もまた素敵な色柄をご用意いたしておりますので、楽しみになさってくださいませ(^O^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-22 18:12 | 日々つれづれ

「青い空」と「真っ赤な秋」を追いかけて!

 智恵子は東京に空が無いといふ。
 ほんとの空が見たいといふ。
 私は驚いて空を見る。
 桜若葉の間(あいだ)に在るのは、
 切っても切れない
 むかしなじみのきれいな空だ。
 どんよりけむる地平のぼかしは
 うすもも色の朝のしめりだ。
 智恵子は遠くを見ながら言ふ。
 阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
 毎日出ている青い空が
 智恵子のほんとうの空だといふ。
 あどけない空の話である。
 (高村光太郎「智恵子抄」~あどけない空の話~より)

 この東京で薄灰色の空のかけらを見上げる日々を送る私は、その「ほんとの空」がどうしても見たくなり、行ってしまいました!ということで、また、またまた「山レポ」ですみません。
 今回は「ほんとの空」と「真っ赤な秋」を探す旅路でございます。

 ただ、そこはちょっと遠い・・・なので、先日の土曜日、お店を終えて急いで着物を着替え、翌朝の山行のために新幹線に乗って郡山着は夜中11時過ぎ(^^; 郡山のビジネスホテルに前泊して・・そこまでして行くか!?ですが・・・行っちゃいました(^O^)/
b0172203_17431552.jpg
 奥岳登山口からはゴンドラが出ています。寝不足も激しくもちろんちゃっかりゴンドラの始発に乗車しました。
 そして、ゴンドラを降りるといきなり「ほんとの空」が出迎えてくれます。 
 スゴイ!こんな青い空を見上げることなんて・・・さすがに東京では滅多に体験できません。

 今回目指すのは、福島県二本松市にある「安達太良山」。
 山頂は、なだらかな山の上にあのポツンと飛び出た場所。「乳首」と呼ばれています・・・(^^;
b0172203_17472918.jpg
 日本百名山の一つですが標高1700mで急な上り坂も少なくて美しい山です。
 小一時間も登ると、あっという間にもうすぐ山頂です。
b0172203_175368.gif
 山頂の乳首は岩場で鎖やロープで登るのでやや危険あり!ですが、寝不足じゃなければ大したことありません(笑 とにかく、空が青い、青すぎて眩しすぎて目にしみます。
b0172203_1758457.gif
 後ろのがけの上が山頂。よじ登りました。山頂はとても狭い岩場で、下を覗くと足がガクガク・・・あっ実は私は高所恐怖症気味な女なのでした(^^;そんな人が山へ行くのもどうか?と思うのですが・・・この岩場にこうして座るのはとっても怖い(ーー;)でも、気持ちがイイ、でも怖い・・・どっちなんだ!と言いながらここで遅めの朝ごはん。
b0172203_182198.gif
 向こうに見えるのは、「磐梯山」です。なんと美しい、会津磐梯山は「宝のぉ~山~よ♪」をズーム!
b0172203_1875891.gif
 実は安達太良山は活火山です。この先の稜線を歩くと火口なのです。
b0172203_18124585.gif
 沼ノ平火口です。あまりの荒々しさに息を飲むほどでした。
b0172203_18145720.gif
 1900年には大きな噴火があったため、ここ沼ノ平火口の周辺には植物も殆ど生えない荒涼とした風景です。火山噴火のすさまじさを実感して胸が痛くなります。
b0172203_18161445.gif
 安達太良山山頂からは鉄山などの尾根歩きが楽しいところですが、ひとしきり遊んだら来た道を戻らずに周回コースでゆるゆると時間をかけて紅葉を楽しみながら下山することにしました。
b0172203_18192292.gif
 なかなか来られなくて、山頂付近の紅葉のピーク時期は過ぎてしまいましたが、それでも降りるに連れて晩秋の錦絵が美しく広がっていました。素晴らしい!!
b0172203_1821496.gif
 青い青い抜けるような秋の空と、穏やかに色づく草木の間を歩くのは何とも・・・言葉が思いつきません。
 とにかく・・・最高です。
 (画像はどれもクリックで大きくなります)思えば秋にはこんな錦絵のような染め帯ってどうかな、今度染め屋さんに相談せねバ!なんて思いつつ・・(^^;
b0172203_18224739.gif
b0172203_18225710.gif
 途中の山小屋でお昼ご飯にしました。お湯を沸かしてカップ麺!山で食べると不思議に美味しい。安達太良山で有名な温泉に入れる山小屋「くろがね小屋」には黒い鐘があって、黒い鐘と紅葉のなんとも言えぬ美しいコントラストも素敵でした。
b0172203_1826366.gif
 そして下りは長くて平坦なハイキングコース。なんとも言えぬ気持ち良い山道が延々と続きます。
b0172203_18323851.gif
 下山間際に「あだたら渓谷自然遊歩道」という川沿いの滝のある径がありましたので歩いてみました。
 滝の水でコーヒーを入れて、本日の山行の終了!なんと、ほぼ7時間も歩いてしまいました(^^;
b0172203_18402126.gif
 登山口に到着してレストハウスでビールを飲んだら・・・寝不足の体に強烈にしみわたって・・・眠いzzz...
b0172203_18394065.gif
 

(おまけ)カメラマン兼、近ごろ山岳ガイド気取りの夫です。相変わらず山頂で大はしゃぎ(ーー;)
 おっとっと、俺の空だ!! 

b0172203_19253573.gif
 

だから…そうじやなくて「ほんと~の空」です!

b0172203_18463666.gif
 なんとなく冬の匂いのする晩秋の山で、自然の荒々しい厳しさと、穏やかなやさしさと、そして、めぐる季節の愛おしさをたっぷりと感じてまいりました!こういう体験をすると、またすぐ行きたくなってしまうわけなのです・・・・(^^;
 

 そろそろ東京でも草木が彩りを増し、風が沁みる季節が近づいてまいります。

 お店では、晩秋に向けて、色々と楽しい企画をご用意しております(^O^)
 明日からまたご案内を始めてまいりますので、どうぞ楽しみにして頂ければ嬉しいです♪

 素敵な季節でございます。
 どちら様も、どうぞ楽しい秋をお過ごし下さいますように。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

 11/6(木)~12(水)
 『寒くなったらお洒落しなくちゃ!コート&ショール展』を開催予定です。


~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-21 19:16 | 山レポ

けやき並木と秋の空

 とても気持ちの良い週末となりました!
 このところ週末の度に台風をお迎えしていましたので、やっと秋晴れに恵まれた週末です。
 本日は色々とお出かけ下さりありがとうございました。昼間は汗ばむような陽気でしたね。

 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 今朝はあまりにも気持ちが良かったので、久しぶりに表通りのパトロールをしながら出勤しました。
 休日は午後にもなると大勢の人や車で賑わう表参道ですが、朝はこんな感じです。
 やっぱり、この眺めをひとりり占めしたいので、晴れた日の気持ちの良い朝に歩道橋の柵に頬杖をついてこうしてしばしぼんやりと眺めているのが好きです(^^;
b0172203_17422487.gif
 お店と至近距離にある表通りなのに、通勤路ではないもので、滅多にここを歩かない私です。
 でも、何か疲れちゃったり、頑張れない時は、誰もいない時間に歩道橋に登って頬杖をついています。
 そして、ケヤキの親分と密かに勝手にお呼びしている、誰よりも一番早く新芽をつけて、一番早く色づくケヤキが歩道橋のそばにあるのですが、その親分に愚痴を聞いてもらったりしています。(あっ、万一、歩道橋の上で頬杖ついてブツブツ言ってる変な人を見かけられても、素通りでお願いします^^;

 すると今朝は親分が、今年はちょっと早く紅葉し過ぎたかもしれぬなぁ、今年もイルミはやるのかい?だったら皆にも早く葉っぱを落とすように言わねばならぬが・・・
 うん?ところで、どうした!?

 ふむ・・・。私たちはな、毎年毎年新しい葉っぱを芽吹かせて、葉っぱたちが大きく茂ったら美しい色を与えて、そして静かに落ちるのを見守り、それを繰り返しているんじゃ。これ、意外と大変なんじゃゾ!
 でもな、どんなに頑張っても冬に芽吹かせることはできぬし、夏に色づかせることもできぬ。
 しかしな、新芽を出せない春も、紅葉できない秋もないのじゃ!大丈夫だ!!
 空でも見ていきなさい(^^)

 そう親分が言うので、空を見上げてみました。

 すると、爽やかなお空の片隅には色づきはじめた親分の葉っぱ、そして青い海原には秋の雲、ひつじ雲がもっこもっこと可愛らしく泳いでいました。
b0172203_17424524.gif


 「東京に空がない」と智恵子はいったそうですが・・・(智恵子抄より)
 東京の空も捨てたものではありませぬネ。

 みなさまの空は、いかがですか?

 
 週末ということで、たまにはこんなBGMはいかがでしょう?
 店長も一休み、お休み明けには、また元気にお会いしたいと思います(^O^)/
 
 秋本番、どちら様も、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

 ※小田和正さん『東京の空』です。(広告が出てしまったらSkip ADして下さい^^)


東京の空


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-18 18:18 | 表参道&裏通り

たすき縞という文様です。

 少し前のことですが・・・
 「お店に襷(たすき)は売っていますか?」
 若い男性の方からそんなご質問を頂戴したことがありました(^^;

 残念ながら「たすき」は扱っておりません。
 腰紐か何かで代用されてはどうでしょう?
 そんな会話をしたような気がします。

 「襷(たすき)」はご存知のように、作業をしたりする時に着物の袖が邪魔だから、たくし上げるために用いる紐のこと。端っこを口に加えてシュシュっとカッコよく背中にバッテンをつくって結ぶ仕草が思い浮かびます。

 この「たすき」!随分と長いこと日本の文化の中に根付いてまいりました。
 現在でも、「たすき掛け人事」「たすき算」なんて(^^; バッテン斜めに交差させるものはとにかく「たすき」の冠がついたりして、「たすき」は古来から重要というか当たり前の生活グッズだったのでしょう。

 その「たすき」は文様にもなりました。
 「菱格子」と名前で呼ばれたりもしますが、「たすき縞」の方が情緒があって良いかなと思います。
 
 最近染め上がった小紋は、その「たすき縞」文様のぼかし染め型染めの小紋です。
 この「たすき縞」は菱格子と呼ばれる文様に比べると、曲線がゆるやかに交差します。
 ですので反物を平においているのに波打つようにも見えるのですが、お召し頂くと一層そのゆるゆるとした曲線がひきたって着姿を美しくひきたててくれます。
b0172203_18154387.jpg
 フォーマルな帯をあわせて頂くとお茶席やちょっとしたパーティなどにもご利用頂けますが、本日は秋のお出かけにカジュアルなコーディネートをしてみました。お仲間とのお食事会や美術館めぐりなどにもいかがでしょうか?
 (画像はクリックすると拡大します)
b0172203_18185148.gif
 着物の亜麻色と同系色で帯のふちを絞り染した更紗柄の帯です。帯の更紗にある紺と臙脂を小物にも使うとまとまりの良いコーディネートが仕上がりますね。

 着物→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/komon_tasukijima.html
 帯→http://www.someichie-shop.jp/SHOP/obi_n_tachibana.html

 ところで、そもそも着物の袖が洋服みたいじゃなくて、振りがあるから「たすき」が必要になるわけですよ。
 どうして着物に「振り」があるのか?なんて考え始めると日本の服装文化の歴史などを紐解くことになり、店長も良くわからないので(ーー;)また別の機会にするとして・・・(^^;

 振り!といえばやっぱり、きっとご存知のこれ!

 「あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや君が袖振る」 (万葉集/額田王)

 そんなに袖をふって…野の番人に見られてはどうするの・・・(知られては困る仲の私たちなのに)という歌ですが・・・つまり、袖を振るのは相手の魂を呼び込みたいという求愛のしぐさ。古来、着物の袖には魂が宿ると信じられていたのです(^^; 

 だからでしょうか?「袖振り合うも多生の縁」
 知らぬどうしなのに、すれ違いさまにお袖が触れ合ったあなたとは、前世や未来でもご縁があるのでございましょうね。という意味です。

 ともかく!着物の袖は大事な役割を果たしてくれているようです(^^;
 つまりお袖は、様々なご縁を引き寄せてくれる大事なもの、邪魔だからって無くしてしまってはなりませぬ。

 だから・・・「たすき」も、なくてはならないわけで(^^;文様にもなるはずですね!

 
 そうそう、それに現代では、「たすきをつなぐ」なんて素敵な言葉もございます。
 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2014-10-17 18:46 | コーディネート