記憶

b0172203_222020100.gif

目白の駅前の『九十九餅』
今日、素敵なお客様がお帰りになる時に「おやつにしてね!」と下さいました。

私はどうしてもお客様のお買い物の会計が苦手です。
今日もテンパッて計算にあたふた・・・
そんな中お土産まで頂いて本当にテンパッてしまいました。

お帰りになってから気持ちを落ち着けて包みを開くと!なんと『九十九餅』
ずっと以前、毎日のように九十九餅のお店の前にある森の中に通学していたことがあります。
そんなことをお話ししたことがあったのだろうか~

何を急いで生きてきたのだろう・・・と思うほど、私は過去の記憶があいまいです。
そして今も時間がない毎日で、もはやこれから先の時間もそれほど多いとは言えなくなりつつある歳になり、思い出を雑に生きてきてしまったことが、ホントウに情けない。
『九十九餅』をほおばってお餅の中のお豆さんを探しながら、お客様のお心づくしに胸がつまります。
by someichie-tencho | 2009-06-12 22:31 | 日々つれづれ