帯屋捨松&西陣織帯展、開催します!

b0172203_17211790.jpg

 ということで^^まずは、みんなが大~好きな「帯屋捨松」さんの帯、期間中ご紹介予定の子たちが続々と到着を始めました!ので、本日は早速その一部の帯たちの一部分を撮影しましたので、ご紹介です^^v

 もちろん画像クリックで大きくなります。
 12枚の写真は、12本の帯のそれぞれお太鼓部分を中心に一部分を撮影したものです。
 (くれぐれも、これで1本の帯ってわけではないのでご注意くださいね)
b0172203_1723162.jpg
 ポップな色調・デザインが多くのファンを魅了する帯屋捨松さん。創業は安政年間(1854年)、開国直前の江戸時代末期に京都西陣で創業をされました。
 ^^てことは何ですね・・・創業150年を超えるという長い間ず~っと西陣で帯を織り続けてきたという老舗中の老舗。時代が移り変わり、洋装化が加速度を増し着物人口が減り続ける歴史の歩の中において、150年とか、ずっと一筋とか、それはそれはどんなにか大変なことと気が遠くなりますが。。。。

 でもしかし、この素敵な色使い、そして独特のデザイン!それは伝統や古典というものを尊重しつつも、常にそれぞれの時代に寄り添い、着る人に寄り添ってきた姿勢の成せる技。度々の革新をも独自の強みとして現代のスタイルを築き上げてきたという、その素晴らしい150年の成果の賜物を、このちっぽけな表参道裏通りのお店ではございますが、華やかにご紹介してまいりたいと思います。

 どうぞぜひ、お誘いあわせてご予定くださいましたら嬉しく存じます^^
b0172203_18111392.jpg

 そして!
 実は・・折も折、伊勢型紙の産地の職人さんたちから、素晴らしい江戸小紋が届きました!!
 染め師は当店の江戸小紋を染める「石塚幸生」先生です。

 せっかくの機会ですので、帯屋捨松×新作江戸小紋!!のコーディネートをご紹介してまいりたいと思います。(写真はクリックして大きくすると微細な江戸小紋の柄も良く見えますので、ぜひ!)

 まず本日は、縞彫りの第一人者でもある「坂哲雄」先生の型紙「七五三縞」江戸小紋です。
 あわせた帯は華やかな袋帯「トーマ花紋」。ライン川源流 トーマ湖に咲く花でしょか^^?この大胆な色調が、美しい薄紫の川の流れのような縞柄の江戸小紋にとても良く似合います^^v
b0172203_18261657.jpg

 そして、同じく坂哲雄先生の型紙「滝縞」で染めたカッコイイ江戸小紋です。
 あわせた帯は、こちらも帯屋捨松さんの素敵な袋帯「湖水の花」です。
 湖面に落ちる滝の冷たいしぶきの中に幻のように咲き誇る色彩豊かな花々がとても素敵です。
b0172203_183045.jpg

 それにしても、捨松さんの帯は本当に江戸小紋に良く似合います^^
 単彩が魅力の江戸小紋にモダンで躍動感のある帯、まさにこれからの季節、益々輝きを増す表参道の街並みにもとても良く似合うと思います。

 ぜひこの機会に実物をご覧にいらっしゃいませんか?
 
 なんたって、帯のお仕立て代無料期間でございますので、ぜひぜひこの機会にみんなで会いに来て^^v
 捨松さんの帯は木曜日からご覧頂けますが、勢ぞろいは金曜日からです。
 ぜひ、お会いできますように^^お待ち申し上げております。

 ※あすの水曜日は定休日です!店内クリーニングの日^^
   お店も綺麗にみがいて、可愛い帯たちをご紹介してまいります^^v

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

お店の営業時間:午前11時~午後7時 
定休日:水曜日・日曜祝日


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2013-11-12 18:49