人気ブログランキング |

桜花びら

 「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」 (小野小町)

 ここ表参道では、今年の桜が名残惜しくなってまいりました。若い葉っぱがヒュンヒュンと出てまいりまして、この頃の桜はなんとなく我が身に置き換えても寂しくもあります。なんちゃって(^^;)
 
 でも、いえいえ、春はこれからでございましたね。
 花が終わって、長雨が過ぎると、ようやく暖かい春にむかうのでございますものね。

 ところで、桜文様の江戸小紋といえば、こんな美しい「桜花びら」の文様があります。この文様は、「地落ち」と言って、花びらの周りの点々を錐で彫って、花びらを残したという繊細な型で染められています。
b0172203_18134611.jpg

b0172203_18165740.jpg 桜柄の江戸小紋では、大変にご注文の多いのは、右の写真の「小桜」という文様なのですが、近ごろ個人的には、上の「桜花びら」の文様がとても江戸小紋らしい粋な文様ではないかなと思います。

 「満開の桜」VS「散りゆく桜」そんな感じでしょうか?

 大勢の人がお花見をする満開の頃の桜は、皆が待ちわびた春を謳歌する、それはそれは素晴らしい景色なのですが、雨風に打たれて花びらを散らす時にはお花見の時期を過ぎて人影まばら。花を散らす木の下では、なんだか胸がキュンとして、思わず降り積もる花びらを手で救ってあげたくなります。
 散りゆく花を愛くしむ心は、満開の花を愛でる心よりも、なぜか一層に深い気がいたしますが、皆さまはいかがでございましょうか?

 ということで(^^;)「桜花びら」

 粋な鉄色で染めたお見本です。
 桜といえば淡いパステルカラーがとても美しいと思いますが今日は鉄色。
 なんだか、小さな覚悟を感じます。

 コーディネートは、織楽浅野謹製の名古屋帯をあわせてみました。
 
 「風さそふ花のゆくへは知らねども 惜しむ心は身にとまりけり」 (西行)

 
b0172203_18441459.jpg


 まだまだ暖房が必要な気温で、少し春が足踏みしていますが、急がずゆっくりと前へ!
 ポカポカの春はもうすぐです(^O^)
 
 
 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪
 
~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html
定休日:日曜日、月曜日 営業時間11:00~19:00

※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2015-04-09 18:48 | 江戸小紋のおあつらえ