型絵染め×三才山紬

 寒い寒い東京です。今日はお着物でお出かけをされるとお聞きしていたお客様もあり、雨に濡れたりなさっていないだろうか、ちょっと心配。皆さまのところではいかがでしょうか?

 さて来週は
 11/23(祝・水)~11/26(土)
 紬織物を楽しむ会、『織一会』展
でございます。

 ということで本日も、型絵染めの素敵な帯をコーディネートしてみようと思います。 

 市松に蝶花葉文 (岡本隆志作)
 岡本隆志さんは、奥様の紘子さんとご夫妻で型絵の染織作家さんです。ご夫婦で刺激し合ってものづくりをなさるなんて、とっても素敵なことだと思います。自由でのびのびとした心地よさが魅力の作品です。
b0172203_18165931.jpg

 とにかくジッと見てしまう、細やかな絵は一つ一つ趣が違い、のびやかな夢の世界が広がります。蝶は懐かしい人の化身とも言われたりしますが・・・
 「百とせは花にやどりて過ぐしてき この世は蝶の夢にぞありける」(大江匡房)

 黄緑色がとっても可愛いです。
b0172203_1529229.jpg

 本日は、こ草木染めの三才山紬にコーディネートしてみようと思います。

 三才山紬は、信州三才山にある、たった一件の工房、横山俊一郎さんという染色家の工房でつくられています。なので年間の生産量が大変に少なくて希少な織物です。草木染めにこだわり、織りにこだわり、とても豊かな表情を魅せてくれる織物です。
 
b0172203_15294212.jpg

 こちらの三才山紬は、細やかで色とりどりのストライプの織り柄が美しい、着まわしの良いお着物です。オレンジ色にも見えるけど、水色やグレーなども混じっていて、とても魅力的な表情を見せてくれます。染の万筋やシケなどのストライプとはまたひと味違う、ほっこりとして包容力を感じるお着物です。

b0172203_15295178.jpg

 コーディネートしてみました!
 楽しい女子会やお食事会、普段のお出かけに(^-^)
 帯のタレ先は、柄でも無地でもお仕立て可能です。今回は無地にしてみました!
b0172203_15331217.jpg


 今日はホントに寒さが沁みるお天気でしたが、明日はお天気も回復して気温も上がるようです。ちょっとホッとできる日曜日になりそうですね。紅葉も終盤となりました。どちら様もどうぞ素敵な週末をお過ごし下さいますように。

 お店は、日曜日、月曜日は定休日を頂戴いたします。お休み明けにまた元気にお会いできますのを楽しみにしております。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪

11/23(水)~26(土)
ほっこり楽しい「お洒落紬、織一会(おりいちえ)展」

http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/119.html

~定休日、営業時間、お店の場所など、店舗情報はこちらでご確認ください~
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/50.html
定休日/日曜日、月曜日 営業時間/11:00~19:00(火・水は18:00閉店


※メールでのお問合わせはこちらクリック!

この日記はfacebookページにもリンクやシェアをしています。
FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページに「いいね!」を押して下さい!
www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


by someichie-tencho | 2016-11-19 18:46 | 店内催事