母の着物に春うらら

いよいよ桜満開の便りが届くと雨が近いそうで、今夜から☔予報です。

まだお花見できていない身の上としてはソワソワいたしますが、花散らしの雨も趣のある春の風物詩かと思うと、それはそれで・・濡れてみよっかな(^^;

本日の店主の装いです。
母の着物を仕立て直しました。

一度も袖を通していないようですが、父が母にと買っていたようで、代わりに私がお袖を通しました。何しろだって、江戸小紋のようですし(^^;)
※当店のあおつらえ江戸小紋には、この柄のご用意はありませんので、どうかあしからずご了承ください(-_-)



b0172203_15274693.jpg

昨年に両親を立て続けに送ってから、密かに形見探しをしています。

でも、考えてみれば母は着物を着ない人でしたので、母にとっては存在すら忘れているようなものかもしれません。なのでこの着物は「形見」とは言えないものかもしれません。何しろ極端に物欲のなかった母でしたので、形見といえるようなものを見つけることが難しく、物より思い出。

この着物は、帯も長襦袢もお草履までもセットアップされて大事に保管されていました。どうやら父が買い揃えたもののようで、むしろ父が何か思いを込めた品であったのかと想像することしかできませんが、あれやこれやと思いが巡ります。

辞書には「形見とは死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの」と書かれていました。

だとすると、たとえ母が袖を通していなくても、これはやっぱり形見なのだ!

「思い出」も勿論とても大切だけれど、残された者にとって、「形のある」形見が身近にあってくれることは、不思議なほど癒される、ありがたいことでございます。

大事に着ようと思います。


あれ、しかし店長さん!ちょっと待て!!
お母様のお着物のことはわかったけど、ちょっとその帯、つい先日新作だって見せびらかしてませんでしたか!?

へへっ(^^;)お気づきになられましたか?

実は、この帯を個人的にもとても気に入って、お店の展示販売用とは別に、自分のもオーダーしてしまったのです(^^; だから大丈夫!この帯とお揃いの帯は、ただ今ちゃんと販売中です。

今日は初おろしでしたが、さすが織楽浅野さん、とにもかくにも結びやすくて夕方まで着崩れません!

↓↓↓

本日は、桜満開春うらら。
ということで、こんな可愛らしい江戸小紋とコーディネートしてみました。

やさしいサーモンピンク珊瑚色の江戸小紋です。
大人になるほどに可愛い色が良く似合います。

母の着物はいかにも地味なので、可愛い帯を合わせたくなりました。

でも、春うらら、明るい色のお着物にあわせると、気持ちがルンルン、いたしますよ(^_-)-☆


b0172203_16405793.jpg

お着物はとても珍しい柄の江戸小紋。
大野信幸作「唐草モダン小紋」です。

モダンな柄ですが、型紙はとても古いもので、型紙コレクターでもある大野先生のコレクションの一つです。明治の頃のものとのことですが、きらきらしていてなんとも可愛い。

画像で見るお色より、お召しになるとうんと優しい大人色です。


b0172203_16422421.jpg


さて、
お昼間は暖かくても夕方になると足が冷えます。
夜桜に行かれる方は、春コートでは寒いかと思います。どうぞ暖かくして、雨のご準備もお忘れなく!

お店は単衣や夏のご提案を始めております。
週末、お時間がありましたら、ぜひお立ち寄り下さいませ。

お待ちしております。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
お知らせ♪


お店情報
↓↓↓

定休日、営業時間、お店の場所など
こちらでご確認ください
定休日/日曜日、月曜日 
営業時間/11:00~19:00(火・水は18:00閉店)


※メールはここクリック!

この日記はfacebookページにもシェアをしています。

FBからご覧になったほうが便利な方には
「きもの江戸小紋 染一会」FBページ
「いいね!」を押して下さい!

www.facebook.com/someichie

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



by someichie-tencho | 2017-04-06 18:28 | 日々つれづれ