畳縞文様の江戸小紋

なんだか蒸し暑い日が続きます。爽やかな秋を満喫できるまで、もうあと一息ということでしょうか。
このところ、新サイトの準備で帰宅後夜も遅くまで作業に追われて安眠出来ない日が続き秋を感じる余裕がないのですが、とはいえ、来週早々には、新サイト、パンパカパーン!!とご紹介したいと思いますので、ぜひぜひ楽しみにして下さいましたら嬉しいです(^_-)-☆


さて、本日は、素敵な江戸小紋をご紹介しようと思います。


江戸小紋「畳縞」(廣瀬雄一)


廣瀬さんは、当店でも素敵な作品を時々ご紹介しておりますが、新進気鋭の江戸小紋職人さんです。後継者が不足する伝統工芸の世界において、将来にむけても活躍が大いに期待される職人さん!若手ではありますが、すでにこの道17年のキャリアを持つ、江戸小紋染め工房の4代目です。

当店でも、廣瀬さんと一緒に、色や柄を相談し、素敵な江戸小紋をコツコツと染めて頂いています。こちらはもちろん最新作!!


b0172203_15302755.gif


『畳縞』という文様は、そうです。私たちが暮らしの中で親しんで愛用する、畳の縞模様を描いた文様です。古い型ですが、考えてみれば暮らしの中にはデザインがたくさんあるのです。とても身近な「畳」をデザインするなんて、なんと素敵なことでしょう。規則正しく、そして清々しい、さらになんだか癒されるこの文様に、思わず包まれてみたくなります。

「苅安(かりやす)色」という、青みのあるレモンのようなジューシーな色で染めて頂きました。廣瀬さんも大好きなお色!ということで意気投合し、この素晴らしく清々しい文様には、こんな色が気持ちよいですね!お召し頂くと、パッと華やぐ感じがとても素敵なのです。

縞彫の型はとても貴重でもあります。彫るのも染めるのも腕の見せ所!カッコいい染め上がりをぜひお手元でご確認頂きたい作品に仕上がりました。

b0172203_15340168.gif


コーディネートには、アイスグリーンのこんな帯。織楽浅野謹製の袋帯「印度金刺繍文」です。モダンで可愛い色合わせは、お着物姿を上品にドレッシーに仕上げてくれます。


b0172203_15311953.jpg


とてもきれいなお色の帯です。デザインは大変にユニークでキュート。黄色のハートや、ラベンダー色のダイヤがさりげなくあしらわれているところも素敵です。黄色のハートが帯から飛び出して、周りの皆さまにも可愛いハートをおすそ分け。

b0172203_15330312.gif

秋になると、いろんなお稽古事の発表会やプチパーティや、楽しい行事のご予定があります!なんて方にもおすすめです。かしこまり過ぎず、ちゃんとしてる。そんな分別のある大人の装いは、見る目にも安心感と華やかさを与えてくれるものでございます。

苅安(かりやす)色。この白目の清々しい「畳縞」だからこその、この清々しさですね。古典すぎないけど、そこそこ格もある、そんな帯がとても良く似合います。

b0172203_16195854.jpg

※お値段など、どうぞお気軽にお問合せください。


ところで、「苅安(かりやす)」とは、ススキの友だち「カリヤス」という山野草で染めた色ということなのですが、秋に小さな穂をつけるカリヤス、野山で秋風にゆれる姿を想像するだけで、少し癒されるような気がします。

新サイトオープンまでは趣味の山にも出かけることはできないのですが、とりあえず今晩は残業の前に夜ヨガで息抜きしてまいります。どうぞ皆さまも、季節の変わり目、体調を崩しやすい時期ですので、ご無理なさいませぬように、お過ごし下さいませ。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

お知らせ♪


お店情報
↓↓↓

定休日、営業時間、お店の場所など
こちらでご確認ください
定休日/日曜日、月曜日 
営業時間/11:00~19:00(火・水は18:00閉店)


※メールはここクリック!


もしよろしかったら
フォローしてください(^_-)-☆
177.pngインスタグラム
178.pngツイッター
173.pngフェイスブック


someichie_omotesando Instagram


by someichie-tencho | 2017-09-27 17:09 | コーディネート

きもの・江戸小紋「染一会」店主日記です。 2017.10新サイトへお引越しをいたしました。ぜひ新サイトをお訪ね下さい➡https://someichie.com/


by someichie-tencho